・世界に類を見ない「エアーチューニング テクノロジー」の集大成がジェネシスサウンド CK-2PROです。
・屋内、屋外でも同様の効果を発揮します。

商品構成 中央部:標準で1組、会場周囲:音響盤17枚で構成

ck2pro001
ジェネシス サウンド CK2PRO中央部

ck2pro002
ジェネシス サウンド CK2PRO音響盤

ジエネシスサウンドCK-2PROは、中央部x1セットと周囲に設置する音響盤x17枚で構成されます。 「CK-1は部屋等に5点で置く」と説明していますが、10箇所でも良いのです。あるいは音場に問題のある場所(音がこもる場所、残響のひどい場所など)にセットします。

「なぜ5点で音のクオリティが変わるか?」とオカルト的に感じた方もいらっしゃると思います。民生用は5点で十分ですから、5点としたまでです。理論体系と実験データーはここ1-2年で公表する予定です。本製品の構成元素は公表する予定はありません。

CK-2 PROは空気チューニングの本格的なものです。巨大会場の音場を比較的簡単にチューニングできます。チューニングの基礎知識、ノウハウは当然必要です。

シンガポールオーケストラ コンサートホール(S.O.C.)でのチューニング依頼レポート

soc001
soc002

2006年2月初旬にシンガポールチャイニーズオーケストラ音楽堂のチューニング依頼があり、CK-2PROを持参しました。会場は音楽堂ですが、過去多目的ホールであった為、音響技術者は大変苦労していた様子でした。 会場全体の音をゆっくり聞いて早速チューニング開始です。

セットアップは30分くらいで終わりでした。「サウンド調整室に入らないのか?」「電源は要らないのか?」と聞かれましたので、「ただ置くだけです。」と答えました。怪訝な顔つきが返ってきました。オーデ ィオ各社はあまり成果を出せなかった会場だったようです。会場側は、天井に反射板をつけたり、ステージを前に拡張したりの苦肉の策をとっていました(多目的ホールからの転用ですので難がありますね。)。

第一部のリハーサルを終えた後、CK-2PROを撤去し、持参したCDの音源を会場に流しました。予想していた音が出てきました。ドライで潤いがなく耳障りな音源でした。時間がないので、再度セットアップ。CDを鳴らしてみました。思わず、にっこりしてしまいました。音響技術者がデシベルメーターであちこち計測していました。 今度は通称「ドリアンハウス」といわれている「ESPLANADE」という音楽堂のチューニングテスト依頼が来ました。大変楽しみにしています。